So-net無料ブログ作成
検索選択

【iPhone】ドコモ、au、softbankの料金は?スマートホン市場シェアはどうなってるの? [ニュース]



アップルiPhoneが日本の携帯大手3社から20日に販売されることを受けて、
その料金プランの特徴をまとめてみました。

ドコモ:2年縛りで5cに関しては新規・乗換・機種変更ともに端末実質0円
     ドコモ解約時のポイントをiPhone購入に充てられる「おかえり割」

au:iPhoneを使用している顧客の端末下取り価格引き上げ。
   タブレット端末とセット契約でさらに割引。
   LTE(高速通信)の提供。

softbank:機種変時に未払い代金免除

とりあえず5cについて表にまとめてみました。

ドコモ 新規・乗換 機種変更
16G 0円 0円
32G 0円 0円


au 新規・乗換 機種変更
16G 0円 3,240円
32G 4,800円 14,160円


softbank 新規・乗換 機種変更
16G 0円(1万円払戻) 3,240円
32G 4,800円 14,160円


今までガラケーもしくはAndroid勢だった人がドコモに流れる可能性は十分ありそうですね。
新規や機種変の顧客だけではなく、長年ドコモを愛用してきたユーザーへの優遇措置は
好感が持てます。

日本のスマートホン市場の割合は以下のようになっております。

アップル:36.1%
サムスン:13.0%
ソニー:20.6%
シャープ:13.9%
富士通:4.0%
(アメリカ調査会社IDCによる2013年4~6月期のデータ)

国内勢と国外勢が丁度半々となっております。
今夏のドコモ参入によってアップルの市場シェアは更に高まるでしょう。
国内メーカーが少し心配です。

それでは今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。